「何かを持っているか、運がいいか」すごい人 in NY


「何かを持っているか、運がいいか」すごい人 in NY

ニューヨークに住み始めて、10年近くになります。その間に、日本人の人から、何度かこんな言葉を聞きました。

『ニューヨークは、「ほんとに何かを持っているか、よほど運がいいか」じゃないと、なかなか残れない街』

最初から短期の滞在予定という人の方が多いだろうし、もちろん、みんながみんな残りたい、と思っているわけではないので、それはまた別の話として。


スポンサーリンク


この言葉を話してくれた方々は、私の覚えている限りでは「何かを持っている」人でした。例えば、長年NYにいらっしゃって、自分で商売をされていたり、とか。

アホみたいにお気楽に、「私は運ですねー、ははは」と返事できない雰囲気だった記憶があります。まぁ向こうからしたら、この人は運だけだなって思われてたんでしょうけれど苦笑

とにかく、その言葉を聞くたびに「じゃあ私は完全に運の方だなー」くらいに軽く思っていたんです。だって私は何もないから。それは間違いない。



以前は、ただ、「ふーん、そんな見方もあるんだ」って思うだけだったけれど。

何年か住んでいるうちに、これだけ何人かが同じことを言っているのだから、本当な部分もあるのだろう、と感じるようにもなりました。

例えば学生として来て、OPTをして、その後の就職先が見つけられなかった、とか。こちらで仕事を続けたかったけれど、ビザの関係で帰国せざるを得なくなった、とか。上の言葉を話してくれた人たちは、例えばそういう人たちをたくさん見てきたのかな。

私の数少ない知り合いの中でも。学生ビザで来ていたあの人は、こちらで結婚したいと言っていたけれど。今もニューヨークかアメリカのどこかに住んでいるだろうか。

それに、FBでちらりと拝見して、日本に帰ったっぽいと知った、ある女性。頑張っていたのも知っているし、こちらの生活を満喫していたように見えただけに、その決断は、どんな気持ちでしたのだろう。

きっと、今となってはこれで良かった、と思う生活をしているだろうと信じているけれど、彼女たちは元気にしているかな。そんなこともふと思いました。

誰しもが、その都度、自分なりの正解を見つけていくものかな、と



話は変わりますが、日本にいた頃、新聞のコラムや投書欄を読むのが好きでした。確か学生時代とかそれくらい若い頃に、確か投書欄で、こんな内容の文章を読んだ覚えがあります。


大阪にいた頃、この人本当にすごいな、と思う人が一人いた。

東京に来たら、同じくらいすごいな、と思う人が何人かいて、びっくりした。

やっぱり都会ってすごいんだな。


私は大阪にも東京に住んだことがないので、よく分からなかったけれど。ニューヨークに来てから、この人すごいな〜って思う人に、そういえば何人もお会いしたな、と、ふと思ったんです。

日本の地方で、少なくとも私は会ったことがない、と思うレベルのすごさ。

それも、マイ・ストーリーのミッシェル・オバマのような、まず接点がないような人ではなく、ごく普通の庶民の生活をしている上で出会った中で、何人も。日本人、外国人に関わらず。

そう考えると、やっぱり、何か持っている人が残っている街、というのもそうなのかもしれないな、とも感じるのでした。もしかすると「何か持っている」人の割合が、多少、多いのかもしれない。世界中から、人が集まってくるわけですしね。



さて。私は、「運がいいか、何かを持っているか」の2択だったら運の方になるけれど。

実際のところ、確かに運が良かったのかもしれない、と思う反面、未だにピンときていない部分もあります。

運というよりは、こうなることが自然だったのかな、と、ただ受け止めている感覚、という方が近いかもしれません。

ただ、いつまでニューヨークにいるのか、分からないけれど。

いまニューヨークに住んでいる、というのは、自分にとってわりと居心地がいいと思っています。こわい事件もたくさんあるし、たぶん日本に住んでいたらしなくて済んだ大変な思いも少しは経験している、とは思うけれど、今のところは。


そんな街で暮らしているんだ、と改めて考えると。これまでのように、「ただNYで暮らしている」だけではなくて、せっかくなので「ここだからこそ自分にできること」を何か見つけられたらいいな。という漠然とした思いが、少し出てきました。

「何かを持っている」私、とまではいかなくとも。

ただ暮らしているだけ、の長い休憩時間を経て、少し前向きになってきたかな。何ができるかは、全然わからないけれど笑。


あ、そんな街で暮らしているんだ、なんて、場合によっては”えらっそう”にも捉えられることを言ってますが、私自身や自分の生活は、本当に至って普通です。

こんなに”のほほん”としているのは珍しい、とこちらで言われたこともあるので、自分が思っている以上に、夫や知人に守られているのか、ただ周りが見えてなさすぎるのか。そんな可能性もあります。

そう考えると、私自身、もっとしっかりしていかなけばならないですね。



もっとしっかりしなければ、という結論になると思ってこの記事を書き始めたわけではなかったので、自分でも多少びっくりしていますが、ともかく、ニューヨークはこんな街とも言われている、というお話でした。

ちなみに、私の独断による見立てでは、夫は、「運」と「何か」の両方なんじゃないかと思ってます。


今回はこの辺で。

☆クリックしてくださった方、フォローしてくださった方、どうもありがとうございます。とても励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

キラリなひびを - にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク

コメントを投稿

0 コメント