ー profile ー

私にとって、「渡米前と、渡米後」には、こんな違いがあります。

渡米前

  • 仕事をしていた
  • 専業主婦には絶対に向いてない、と思っていた

渡米後

  • 仕事をしていない
  • 専業主婦になった


アメリカで働くこともできず、専業主婦になりました。

そして、時間が経つにつれて、「私は何もできない」という思考になっていきました。


今は、こんな状態です。

  • 「何も出来ない」と思う自分から抜け出したい
  • 抜けつつある。と思いたい




渡米前、社会人だった頃のこと


学校を卒業後、派遣社員を経て、30歳前後で外資系企業に就職。


30半ば、渡米を諦めきれない自分に気が付き、ニューヨークへ。


派遣時代には、同じくニューヨークへ短期留学も経験しました。


派遣社員時代

学校を卒業後、思うところあって派遣社員をしていました。

ですが、ある時。

とんでもなくしょうもないことで、「きらりさん、派遣しか経験してないからね」と言われたことがありました。 

内容は覚えてません

それも、私が、「コネの腰掛けなのかな」と思っていた人に言われて。

私のその言い方よ…

これからどうしようか、と考えつつ、ひとまず短期留学中だった私。

時間がたくさんあったので、「派遣しか経験してない」という言葉についても考えてみました。


その結果。

やっぱり、正社員というのは、私には分からない何かがあるのだろう。一度やってみよう。

そう思って、日本へ戻ったあと、転職サイトに登録し、正社員の職を見つけました。

当時、私は 転職サイトdoda(デューダ)にお願いしました。TOEIC高得点で派遣→外資系正社員に!他メリット6つでも書いたように、高得点は武器になったけれど。面接してくれる会社を探してもらったり、履歴書の添削をしてもらったり。それはきっと、自力では難しかったと思ってます。レールからはみ出していた私を就職させてくれるなんて、プロってすごいなと感じました。


正社員時代

正社員として過ごした数年間。

確かに、正社員だからこそ得られたことはありました。

そういう意味で、考えるきっかけをくれた彼女には、感謝しています。

たった数年なので、見えていないこともたくさんあると思いますが

派遣と正社員、両方を経験したからこそ、見えたこともあるかな


そんな中。

30代半ばに、友人と祖母が相次いで亡くなりました。それが、私を駆り立てたのかもしれません。

渡米するなら今しかない

としか思えなくなり、仕事を辞めてニューヨーク行きを決めました。


渡米後のこと


結局、渡米後、やりたかったことは出来ませんでした。


そして、結婚し、昔は想像もしていなかった「専業主婦の自分」になりました。


専業主婦でよかったことも、苦しかったことも、両方体験しています。←いまここです


アメリカで結婚

「渡米するならもう今しかない」

そう思ってニューヨークへやって来ましたが、結局、やりたかったことは出来ませんでした。


一方で、あれほど彼氏や結婚に縁も興味もなかった私でしたが、

そろそろ家庭と仕事を両立する人生もいいかも

と、ふと思った日がありました。

渡米間もない時期で、まだやりたいことに燃えて?いて、まず語学学校通っていた頃でした。


語学学校って、束縛時間が多くないので。

日本で仕事をしていた頃に比べて、突然、心にも時間にも、余裕ができたんだと思います。


両立する人生もありかも

そう思った頃、不思議なもので彼氏になる人と出会い、やがて結婚しました。



専業主婦になったわけ


アメリカでは外国人である私。働くには、労働許可が必要です。


結婚した当時、私は労働許可を持っていませんでした。

それが、とりあえず専業主婦になった理由です。


結婚したのは、ちょうど、やりたかったことをあきらめた頃。

もし日本に住んでいたら、

とりあえず何か仕事を探してみようかな

と考えたと思います。


でも、ここはアメリカ。しかも、永住権(グリーンカード)の申請を始めたところでした。

万が一、労働許可を持たずに働いていることがバレて、グリーンカードの申請が通らなかったら。

これまでアメリカで頑張ってきた夫に、迷惑をかけることになる。

それは絶対にできない。イコール、主婦。となりました。



「何もできない」自分


専業主婦になりたての頃は、正直、

こんなにも時間がたくさんあってうれしいな。なんでもできるやん!

って思いました。

白状すると、はじめの一週間は、日本のテレビを見まくりましたけど

渡米した目的が達成できず、絶望感はありましたが、新しい生活で少し気が紛れていたと思います。

それに、まだ、

次に何ができるか考えよう

と前向きな気持ちでいました。


だけど、です。

いざ時間があっても。


なーーーーんにも出来ませんでした。


やりたいことが分からない。何が出来るかも分からない。

とりあえず、これはいいかも、やってみようかな、そう思って手を出してみるけど、何も全然できない。

「何かが出来る自分」になれず、ただただ時間だけが過ぎていきました。

そして、「私は何もできない」。そんな気持ちだけが、どんどん大きくなっていきました。


もちろん、日常生活の中で、楽しいことも、うれしいこともあるけれど。

やっぱり、「何もできない」と、心のどこかで日々思い続けるのは、なかなか辛かったです。


そしていま

自分は何も出来ない、としか思っていなかった頃を経て。

いまやっと、こんなふうに思えるようになりました。

  • 辛かったけど、苦しみの中、考えて得られたことで、少しはいいこともあったかな
  • もがいたけれど、少しは光も見えてきたかな

どうしてそう思ったのか、そんなことも書いていきたいと思っています。



まとめ


自分のことは、いくつになっても未熟者だな、と、ずっと感じてきました。

ですが、最近になって、やっと悟ったんです。

これはもう、今後ずっとそうなんだろう…

そうであれば、

こんな自分を受け入れて、未熟者なりに、思うことや感じることを綴っていけたらいいな

と思うようになりました。

若い頃からの人生の目標は、「未熟者から卒業する」ではなく、かわいいおばあちゃんになることです。なれるかな?


キラリな日々を』は、そんな私、きらり(kirari) が書いているサイトです。


記事の何かが、誰かの「キラリな日々」の、小さなかけらにでもなれたら

この気持ちも忘れずにいたい、と思います。


 ☆クリックしてくださった方、フォローしてくださった方、どうもありがとうございます。とても励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

キラリなひびを - にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントを投稿

0 コメント