【体験談】アメリカで前置胎盤|placenta previa 診断後の過ごし方

【体験談】アメリカで前置胎盤|placenta previa 診断後の過ごし方


Yさんがお腹にいる時、ママは前置胎盤と診断されました。

出産までに治ることも多いみたいなんだけど、ママは最後まで治らなくて。

調べてみると、日本では診断後の過ごし方が違うみたいでした。

日本には、所変われば品変わるって言葉があるの。

これもそうなのかな?というお話です。



当サイトはアフィリエイト広告を利用しています{alertWarning}


スポンサーリンク


前置胎盤とは


公益社団法人 日本産科婦人科学会 の、前置胎盤とは?によると、

前置胎盤というのは、

胎盤が子宮の出口(内子宮口)の一部/全部を覆っている状態

のこと。

出産のリスクが高くなるのですが、ここでは詳細は割愛します。


前置胎盤を英語で言うと


前置胎盤を英語で言うと、placenta previa

よく耳にする「プラセンタ」って胎盤のことなんだ。

と、私は前置胎盤になって初めて知りました。


子どもを病院へ連れて行くと、「これに記入してください」と渡される紙に、出産時のことを書く欄があったりします。

そんなときにはいつも、placenta previaという言葉を記入することに。

なので「placenta previa」さすがに覚えました


アメリカのお医者さんに言われた過ごし方


私はアメリカで妊娠し、前置胎盤と診断されました。

前置胎盤という聞きなれない言葉に戸惑う私に、かかりつけの産婦人科医は「普通の生活をしていたらいいよ」と。


話はそれますが、私は妊娠途中に、かかりつけの先生がお産を扱わないことになって、違う病院に転院しました。

転院先の病院で、出産が近付くと、検診のたびに違う先生に見てもらうことになり。

(出産に立ち会う先生がどの先生になるか分からないから、なのだそうです)

なので、合計何人もの先生に診ていただいたのですが、かかりつけの先生も、転院先の先生方も、口を揃えて言うのが「普通に生活してたらいいよ」。

どんなに前置胎盤が治る気配がなくても、ずっとそうでした。

大したことがないかのような感じで。


結局最後まで前置胎盤のままでしたが、前置胎盤に関する特別なアドバイスなどは何もありませんでした。

あったとしたら「出血したらすぐ病院へ行くようにね」くらいでしょうか。

あと、激しい運動はしないように、とか、重すぎるものを持たないように、とか。

でもそれは、前置胎盤でなくても一緒ですもんね。


ただ、このまま前置胎盤が治らなかったら早めに帝王切開にすることになるとは言われていました。

*前置胎盤だからハイリスクの妊婦さんを扱っている病院に紹介するね、と言われたので、ハイリスクではあったみたいです。



日本語の本や記事を調べてみると


そもそも、前置胎盤って言われたもののよく分からなかったので、日本語の本で調べたり、ネットで検索してみました。

そうすると、前置胎盤では

  • 安静にするとか
  • 入院するとか

当時そんな記事しか見つけられなかったんです。

(今となっては、心配のあまり不安な記事しか見つけられなかった可能性もあると思ってますが)


えー、こっちの先生と言っていることが全然違う!


どうしたものか、って思ったのですが。

私は、一応安心のために、なるべく安静に過ごせるように心がけました。

アメリカの先生を信用していない訳ではないけれども、前置胎盤で大量出血する話をドラマで見て少し怖かったし。

(『New Amsterdam/ニュー・アムステルダム 医師たちのカルテ』というドラマです。)


だけど、心がけたのは「なるべく安静」であって。

先生があまりに大丈夫というから、前から予定してあった知人の結婚式には、国内とはいえ飛行機で行きました。

ついでに、何泊かして観光して。

それ以外は、家で安静に過ごすことが多かったです。


というわけで、日本語の情報とアメリカの先生のお話、正反対に感じて戸惑いました。

でも私の場合は、やや日本の情報を参考に過ごした、というお話でした。


スポンサーリンク


全前置胎盤で出産 in アメリカ


その後結局、幸いなことに出血はありませんでしたが、最後まで前置胎盤が治りませんでした。

そこで、正期産の前の週、36週のどこかで帝王切開をすることになりました。

*正期産は37〜41週

日にちは「36週ならどの日でもいいよー」と言われまして。

その週、何曜日にどの先生が出産を担当するかを教えてもらって、先生で日にちを決めました。

出産当日、車は混むし、と地下鉄で病院に向かった夫と私。

駅のホームで同じアパートの人に会って、

「Hi, 今から病院に行って出産なんだよね〜」

とかお気楽に話してました。

今考えると、少しおかしな会話だったかな。

想像していた出産とはなんかちょっと違いました



出産後に救われた日本のお医者さんの言葉


無事に出産が終わり、しばらくしてから日本へ一時帰国したときのこと。

乳腺炎になりかけて、急きょ地元の産婦人科へ行ったことがありました。

そこで女性の先生が、

「外国で、全前置胎盤で出産したの、それは本当に大変だったわねぇ」

としみじみおっしゃってくださったんです。


あの大変さを分かってくれる人がいた、と、とても救われた気持ちになりました。

やっぱり大変だったんだ、と思って。


心の片隅では、万が一何かあったらどうしようと思いながら過ごしていた日々。

先生の言葉を聞いてあんなに救われたということは、自分は思っていたよりも不安だったのかなぁと気がついたのでした。


アメリカの先生たちはあまりにも「普通にしていたらいいよ」と言うので、そこまで心配しなくて済んだ、というのも確かでしたけど。


ちなみに、帝王切開の3日後の午前中には退院しました。アメリカではそれが普通みたい。

で、退院の翌日には、痛み止めを服用して小児科の検診へお出かけ。

日本で受けたYさんの3歳児検診では、そんなスケジュールのことを「大変だったわね〜」と保健師さんが言ってくれました。

あれ?もしかして私ってがんばれてたのかな?

と、少したくましくなったかもしれない自分を褒めてあげたくなったのでした。

単純なんです



まとめ


日常生活の中で、「日本とアメリカでは違うなー」と感じることはありますけど、まさか前置胎盤と診断されたときの過ごし方が違うなんて。

あれはさすがに、結構びっくりしました。

まさに、所変われば、を感じる出来事でした。

*病院や先生によって言われることも違うかもしれませんので、アメリカだからというお話ではないとご承知ください。あくまで私の体験談です。


ともかく、Yさんがギリギリまでお腹の中で育ち、無事に生まれてきてくれた奇跡に感謝して。

今あるものに満足し、できることを精一杯やっていこうと改めて思いました。



☆ランキングに参加しています。クリックしてくださった方、フォローしてくださった方、どうもありがとうございます。励みになります。


 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

نموذج الاتصال