トドラーと東海岸の秋を楽しむ旅!観光列車で紅葉狩り&キウイベリー狩り|NYC発


キウイベリー(ベビーキウイ)狩り&観光列車で紅葉狩りの旅!NYC発、乳幼児と車で立ち寄ったところとは?のイメージ画像

子どもに電車に乗ってもらおう!

を目的に、お出かけしてきました。

というのも、いまニューヨーク市に住んでいる我が家。ふだん乗る電車といえば地下鉄なので、子どもはきっと、電車は暗いものだと思って入るはず。

外の景色が楽しめる電車もあるんだよ、と体験してもらえたらいいなと思って。

電車に乗ってもらえれば、あとはまぁだいたいでいいね

相変わらずそんな感じで、ゆるいお出かけをしてきました。

子どもはといえば、夏に海を見に行ったときより少し成長しました。

  • 食事は幼児食に
  • 自分の気持ちなどを少し上手に話せるようになってきた
  • 車酔いはきっと変わっていないと想定

そんな子供と行った、電車を楽しむ旅。紅葉も楽しめて、キウイベリー(ベビーキウイ)狩りも体験出来て、楽しく過ごせました。




アメリカの壮大な紅葉が楽しめる観光列車


行き先はジム・ソープという街

子どもがあまり車に乗り慣れていないので、あまり長い旅はできないかな。

そこで、ニューヨークからそんなに遠くない、ポコノという場所を旅行先の候補として軽く調べてみました。

すると、ポコノ周辺で観光列車に乗れるって書いてある!

観光列車の名前は、Lehigh Gorge Scenic Railway。ホームページはこちらです。

どうやら、電車が離発着する駅は、ペンシルベニア州ジム・ソープ(Jim thorpe)という街にあるみたい。

Lehigh Gorge Scenic Railway、ジム・ソープ(Jim thorpe)駅のイメージ画像

ニューヨーク市からだと、ニュージャージー州を抜けてペンシルベニア州へ。車で大体2時間半くらいの場所になります。


訪れる観光客数が全米2位?!

ジム・ソープって、かつては、ナイアガラの滝に次いで、一年に訪れる観光客の数が2番目に多かった場所なんだそうです。電車の中でアナウンスされていました。

調べてみると、「Once only second in the nation for tourism behind Niagara Fall 」って、確かに書かれていました。

確かにこの街は、電車の駅付近から見える範囲では、とてもステキな街でした。駅前からトロリーバスが出ていて、街の中を観光できるようです。

ジム・ソープ(Jim thorpe)の駅前のトロリーバスのイメージ画像

ざっと調べた感じ、良さげなレストランもありそうだったし、のんびり出来そうないい街でした。今回は電車に乗るだけになりましたが、子どもが大きくなって機会があったら、また訪れてみたいです。


紅葉のピークは10月頃

10月は紅葉がきれいな時期で、訪れる人も多く、10月は観光列車の本数は増え乗車時間は短くなるのだそうです。FAQSのページによると、普段は行って帰って70分のところ、10月は45分に。アメリカでも、それだけたくさんの人が紅葉を楽しむんですね。

Lehigh Gorge Scenic Railway、往復70分と書かれたチケットのイメージ画像

私は11月に入ってから訪れましたが、まだ人はけっこう多かったです。紅葉がきれいだな〜とは思いましたが、確かに、もう葉っぱが散ってしまっている木もあったので。10月はもっときれいなんだろうな、と思いました。


チケット購入時間と駐車場事情

チケットは事前にネット予約できず、当日、駅で購入するように、と書かれていました(2021年11月現在)。私が行った日の列車は、11時、13時、15時発の3本。15時の電車に乗るため、14時過ぎに駐車場に行きました。

Lehigh Gorge Scenic Railway、ジム・ソープ(Jim thorpe)の駅、駐車場からの風景のイメージ画像

駐車場は駅のすぐそばにあります。ただ、駐車場の結構奥の方まで行かないと車が止められなくて、この人数が電車に乗れるのか、若干不安になりました。もし今日のチケットが買えなかったら翌日かなぁと。が、無事、15時発の電車のチケットは購入できました。

よく考えたら、駐車場は、13時の電車に乗っている人たちの車もあるし、トロリーのお客さんも止めているのかも。そう考えると大丈夫なのでしょうが、一瞬ひやりとしてしまいました。

もしも当日、事前にチケットを買っておいたら。13時のお客さんが70分の観光後、車で帰ったころに、駐車場に入ることも出来たと思います。が。それはそれで、出入り口が混みそうだし、悩ましいところ。ちなみに、駐車場の料金は、キオスクで払うシステムでした。

Lehigh Gorge Scenic Railway、ジム・ソープ(Jim thorpe)の駅、駐車場キオスクのイメージ画像


電車の座席の種類

座席の種類は、3種類ありました。

  • Standard Coach
  • Open Air Coach
  • The caboose

一般的な座席の車両、窓がなくオープンになっている車両、グループ用、というところでしょうか。

オープン車両は、FAQSのページによると、5月から10月までと書いてありました。ですが、11月初めに行ったときに、まだオープン車両もあったので、本当のところはよく分かりません。cabooseは、4月なかばから9月まで、6人までのグループが買える席なんだそうです。

Lehigh Gorge Scenic Railway、の車両の種類、のイメージ画像

オープン車両の方が子どもは喜ぶかな?と思いましたが、少し寒かったのでちょっと迷っていました。そこで、チケットを買うときに聞いたら、寒かったら座席の方に移動してもいいよ、とのこと。なので、窓なしのチケットを買いました。

結局、ずーっとオープン車両で外の景色を見ていて、座席の車両の方へは移動しませんでしたが。実際、大人だけのグループももちろんいましたが、小さい子から大きい子まで、子連れのグループも多かったです。


出発前の一コマ

この電車は、進行方向が変わるごとに運転部分を先頭に動かす、というシステム。つまり、先頭車両が切り離され、逆方向に戻ってきて、後ろだった部分に連結する、というところを、駅と、折り返し地点で見ることができます。

Lehigh Gorge Scenic Railway、先頭車両が後ろに、のイメージ画像

私たちが行ったときは、13時発の電車が70分後、14時過ぎに駅に戻ってきて、列車の運転部分が前に。そして、次の15時のお客さんが乗れるようになっていました。早めに乗り込んだら、まだ出発しないから、駅でお手洗いを済ませてね、と駅員さんがみんなに話していて。確かにちょっと寒いので行っておかないと。電車の中にお手洗いもあるようですが、駅入り口の、ビジター・インフォメーション・センター建物の中にもありました。

Lehigh Gorge Scenic Railway、ジム・ソープ(Jim thorpe)駅前のビジター・インフォメーション・センターのイメージ画像

そういえばどうでもいいことですが、出発前に、電車の中でピザを食べている人たちがちらほら。なんかアメリカンやなぁと感じた、一コマでした。



観光列車の実際の様子

乗り込んだとき、どっち側に座るのがいいのだろう?と迷いました。いざ出発してみると、進行方向の向かって右側に川が流れていて、どちらかというとそちらの方が見応えがあるのかな、と。左の山側も、もちろん、きれいはきれいです。左側には小さな滝も見えるし。ただ、本当に小さい滝です。アナウンスも、ほらね、小さいって言ったでしょ、みたいに言っていたくらいでした😅。

Lehigh Gorge Scenic Railwayという観光列車からの景色のイメージ画像

この観光列車は、ジム・ソープの駅を出発して、Lehigh Gorge State Park 州立公園に入り、折り返してきます。先ほども書いたように、電車は、終点に着くと、先頭の運転部分を切り離して、隣の線路を使って先ほど後ろだった方に持ってきて、連結。そして、そのまま同じ線路を帰ってくる、というかたち。なので、行きも帰りも、同じ方向を見ることになります。

Lehigh Gorge Scenic Railwayという観光列車、折り返し地点のイメージ画像

オープンの座席は立っている人が多く、自由に左右に移動していました。が、混んでる時期の一般的な車両の座席だったらあまり移動できないかも?そういう場合は右側に座ることをオススメしたいです。もしかして夏だと、木で川が見えにくいところも多いかもしれませんが。

観光列車は、川のそばを走り、橋の上を通ったり。きれいな景色が続きました。

Lehigh Gorge Scenic Railwayという観光列車から見た橋の上の景色、イメージ画像

この観光列車、どの駅員さんもフレンドリー。乗客も、きれいな秋の雰囲気の中、みんな穏やかそうに感じられました。我が家はみんな、というか車内のほとんどの人たちは、もうずっと立ちっぱなしで、窓際に張り付いていました。

子どもに電車に乗ってもらいたい、という目的で乗りましたが、大人にとっても、楽しい経験になりました。

こうして振り返っていると、日本の紅葉も懐かしくなってきます


キウイベリー狩り!


リーハイトンという街

キウイベリー狩りと州立公園

ジム・ソープから車で10分ほどの場所にある、リーハイトン(Lehighton)。ジム・ソープ周辺で、子どもによさそうなホテルを調べて(ホテル選びについては夏に出かけた記事で書いています)、たまたま予約が取れたホテルがリーハイトンにありました。

そんな偶然見つけた場所で、ファームを探して、キウイベリー(ベビーキウイ)狩りをしてきました。今回は寄れませんでしたが、Beltzville State Park という公園も良さそうでした。


食事

1日目の夕食は、このリーハイトンにあるイタリアンからデリバリーしてもらいました。Lorenzo Pizza Kitchen And Wine Bar というレストランです。

旅先のホテルで、おすすめのレストランを聞くことが多い私たち。

ハワイ島へ行ったとき、ホテルの人に教えてもらったレストランがすごく美味しくて。だいぶ後になってから、日本語の情報サイトでもおすすめと書かれているのを見つけました。それ以来、ホテルで聞くのってありだなと思ってます。

今回は、ここにデリバリーしてくれるのは2軒だと言われて。もらったメニューを見ると、”どちらも、うーん、ちょっと…”。

どうしても納得いかなくて、仕方なくネットでリサーチすることにしました(ほんとは、これが若干めんどくさいので聞いているんだけど…)。そして、このレストランを見つけて電話をしたら、デリバリー出来ると言ってくれたので注文!

そんなこともあるんだ

パスタやティラミスなどを頼んで、食事は、ホテルの部屋でゆっくり楽しみました。

Lorenzo Pizza Kitchen And Wine Barからデリバリーした食事のイメージ画像

ズッキーニのパスタは、ソースをなるべく取って、子どもにあげたりもしました。部屋ではくつろぎながら食べられるし、子どものことをいろいろ心配しなくていいし、それはそれで気に入っています。


ファームでキウイベリー(ベビーキウイ)狩り体験

キウイベリー(ベビーキウイ)狩り!

そもそもは、せっかく出かけるので、電車の他にもどこかに寄りたいな。

農場にいる動物とかはどうかな

と思って、近くにファームがないかと探し始めました。まだ、子どもを、小さな動物園にしか連れて行ったことがないので。

そして見つけた、Spring Mountain Farms というところへ行ってみることに。いざ着いてみると、看板にKiwiberries Picking の文字を発見しました。

Spring Mountain Farms の外観と看板、イメージ画像

お店の人と話したら、いま、キウイベリー狩りならできるらしい。キウイベリー(ベビーキウイ)って、アメリカでも日本でも、コストコで手に入る美味しい果物、と読んだことはあったんです。けれど食べたことがなかった私たちは、試食をさせてもらって。

確かにすごく美味しい!

じゃあやって行こうか、となりました。

キウイベリー(ベビーキウイ)狩りのイメージ画像

子どもにとって、自分で採ったものを食べるという経験は楽しかったようです。家に帰ってから、キウイベリーを指差して、これが食べたい、と。食べているときに、自分で採ったね!というと、「とった、とった」と言って、本当に嬉しそうにしていました。大人も楽しかったです。


お店の様子と買ったもの

お店では、洋梨ではないアジアの梨やリンゴなど、果物お野菜なども売られていました。言ってみれば、どれも、オーガニックです、という風貌ではありましたが。例えば梨はアジアンスーパーで買えるようには大きくはなかったですけれど、買って帰ったらすごく美味しかったです!それに安い

他には、や、いろんな種類のお肉、様々な部位が売られていて、こちらも買わずにはいられませんでした。ポーターハウス、ラム肉、豚肉、ベーコン、などなど。

Spring Mountain Farms のお店で売られていたお肉などのイメージ画像

念のためクーラーボックスを持参していてよかったです。家に帰って食べてみると、卵は白身の盛り上がりがすごい。普段、ファーマーズマーケットをのぞいても、卵は高いなぁとなかなか手が出せないのですが、ここは大きな卵が1ダース4ドル。

こんなお店が近くにあったらなぁ

この日お店にいた方は、’ザ・田舎にいそうな、いい人アメリカ人’ という感じの方でした。少し雑談しましたが、ずっとニコニコといい対応をして下さいました。

やっぱり、近くにあったらなぁ


動物も少し見られました

肝心の動物たちですが、今あまり近くで見られないんだよ、とのことで、そんなにたくさん見ることは出来ませんでした。近くでたくさん一番見られたのはニワトリさん。ヤギなど他の動物も遠目には見られました。

あと、お店の道の反対側近くに牧場があって、車から牛が見られたので。子どもに、牛さんだね、と見せたりしました。

お店の中には、ジャーマンシェパードがいました。このときは、子犬も売っていたようで、かわいいワンちゃんたちもお店の中にいて。

お店にいたジャーマンシェパードの子犬たちのイメージ画像

犬を触らせてもらえて、子どもはとても喜んでいました。


他には何の果物狩りができるの?

実は、グーグルマップで調べたときに、栗の写真を見かけたんです。

栗拾いなんて、できるならめっちゃしたい♡

って思いましたが、時期的に9月くらいなのだそうです。日本もそうでしたっけ?全然記憶になくて。しかも、このファームでは今年は栗が不作だったみたいで、薬を使わないからどうしてもね、というようなことを話していました。

拾った栗で栗ご飯作りたいなー

って思ってましたが、それはまたの機会にということで。

入り口に案内があって、季節によって他の果物も楽しめるようでした。こちらのページの案内によると、

  • ブルーベリー
  • ブラックベリー
  • ラズベリー (Red, Yellow, Black)
  • りんご
  • 梨 (Asian and European) などなど

こんな果物があるようです。ただ、りんご狩りや梨狩りは、季節的にはありそうでしたが、店頭に売っているだけでした。その年によるのかもしれません。

私たちが11月初めに行ったときは、まだベリーが残っているから、採りたかったら別の袋にとってもいいよ、と言ってもらいました。確かに、美味しそうなベリーが実ってました。

Spring Mountain Farmsで見つけたベリーの写真


さいごに


キウイベリー狩りについては、きっと、こういうファームは探せば他にもいろんな場所があるのだろうとは思います。我が家は、たまたま見つけた近場で済ませてしまいました。今回訪れたこちらのファームはとても素朴で、これはこれでとても楽しかったです。

お店の人に聞いたら、ここの卵やお肉や果物など、ニューヨークでは売っていないとのこと。私たちがお店にいる間に、何人か買いに来ている人がいましたが、近くにこんなお店があるなんてうらやましい。そのうち郊外に住むことになるのかな、と折に触れ、話したり考えたりしていますが、こんなお店で品物が買えるのは、郊外に住む大きなプラスポイントですね。

紅葉は、日本の繊細な紅葉とはまた違うように感じてしまいますが、

アメリカの紅葉もスケールが大きくていいものだな

と思いました。ニューヨークとペンシルベニア間の道中も、紅葉がとてもきれいで、秋を感じられるいい旅でした。

子どもに外の景色を楽しめる電車を体験してもらえて、キウイベリー狩りも楽しんでもらえて(親も同じくらい楽しんでいましたが!)いいお休みになりました。


☆クリックしてくださった方、フォローしてくださった方、どうもありがとうございます。とても励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

キラリなひびを - にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを投稿

0 コメント