アメリカスタバでリユーサブルカップを使ってきてよかったこと4つ|不便な点も解消されそう?

アメリカのスタバ・リユーサブルカップで25スター|いい点と悪い点

アメリカに住み始めて10年弱。

スターバックスには、そこそこお世話になってきました。

そのスターバックスへ行くとき、私はリユーサブルカップ (パーソナルカップ) をよく使っています。

以前は、1ドルで売られていたスタバのマークが書かれたプラスチックカップを、今はタンブラーを使うことが多いです。

リユーサブルカップ (パーソナルカップ) を長年使ってきてよかったところ、不便に感じるところ、などを書こうと思います。



スポンサーリンク


リユーサブルカップを利用してきてよかったこと4つ


1. 25スターが一緒にもらえることになったよ

2022年のアースデイ(4/22)に、スターバックスからこんなメッセージが届きました。

アースデイに届いたスタバからのメッセージ
スターバックスから来たお知らせ

これまでのように、リユーサブルカップを使うと10セント引き

それに加えて、25スターも一緒にもらえるとのこと。

*1日に3回までとも書かれていましたが、そんなに使いません…


スタバのリユーサブルカップ、けっこう長く使っているので、嬉しいお知らせでした。

ただ、この日はスタバに行けなくて。

残念だけどまぁ仕方ない

そう思っていました。


するとその後、4/26に、新たなベネフィットのお知らせが届きました。

内容としては、アースデイの時と同じです。パーソナルカップの使用で、10セントオフに加えて、25スターももらえる、と。

スタバから届いた新たなベネフィットのお知らせ
スターバックスから来たお知らせ

25スターを継続してもらえるのは、意外とありがたいです。

例えば、2回で50スター。すると、普通のコーヒーや、大体のベーカリーがもらえます。

6回だと150スター。たいていのドリンクとHot Breakfastのもの、レジに置かれているマドレーヌなどがもらえることに。

地道に貯めて、ときどき、小さな自分へのご褒美にしようと思います。

あまーいものが欲しくなるときがあります


2. ベビーカーのホルダーに置いても大丈夫

スタバのリユーサブルカップ。始めにも書きましたが、以前はプラスチック製の$1のリユーサブルカップを使っていました。

最近はもっぱら、タンブラーを使っています。

というのも、ベビーカーのドリンクホルダーに置けるなら置きたい、と思ったからです。

最初に買ったタンブラーはちょっとこぼれてしまうことが発覚し、こぼれにくいものを買い直しました。

おかげで、ベビーカーでも快適に使えています。

ニューヨークって道が悪くて、すごくガタガタするんです。


3. 温かいものは温かく冷たいものは冷たいままで

タンブラーに変えた、ということで。

当然なのですが、温かいものを温かく、冷たいものを冷たく飲める時間が長くなりました。

飲むのが遅いので助かります

暑い夏でも、氷がすぐに溶けない。

ニューヨークの寒い冬の帰り道でも温かいまま。

そんなことが、思っていた以上に快適です!


4. 地球のためになっている?

洗うのに水を使うのだから、本当に地球にとってプラスになっているの?

という議論も昔から目にしてきたように思うので、本当に環境のためになっているのかは分かりません。

でも、

  • 企業が環境にいいと推しているのなら乗ってみよう
  • 少しはいいことが出来ていたらいいな

という気持ちもあります。


スポンサーリンク


リユーサブルカップのちょっと不便な点と将来


上に書いたような理由から、スタバでパーソナルカップ(タンブラー) を使うのって気に入っているのですが。

1つだけ問題があります。

それは、事前にモバイルオーダーしておくことができない、ということ。

  • レジでチャッチャッと人をさばいて
  • ドリンクを作る作業も、びっくりするくらい全く無駄な動きがない

そんな店舗もあるし、そんな人もいるけれど、すごくスローペースな場合もけっこうあるので。

  • 列に並んで、やっと注文して
  • さらに出来上がるのを、ゆっくり待つ

くらいなら、事前にオーダーしてピックアップするだけにしたい、という時もあるのは確かです。

行き慣れている店舗と時間帯なら、なんとなく状況がつかめるけれど。

そうでない場合は、時間に余裕がある時にしか、リユーサブルカップを使えないかな。と思っています。


と思っていたのですが。

調べてみると、ドライブスルーやモバイルオーダーでも、パーソナルカップが使えるようになるかも、というような記事を見つけました。

Starbucks unveils new plans to eliminate single-use cups, encourage reusable mugs

よく行くお店でないと、使えない気がしますが。

でも、どうなるのかを楽しみに待ちたいと思います。


スポンサーリンク


まとめ


もう何年もリユーサブルカップを使っていますが、レジの人が慣れていないと、10セント引きをしてもらえないことも多かったです。

いっても10セントなので、わざわざ言うのもな、とも思うし。

お店が暇そうなときに言ってみたこともあるけれど、大抵は「忙しそうだからまぁいいかな」と思うことが多かったんですよね。

というのも、プラスチックのリユーサブルカップが導入されてから時間が経ち、リユーサブルカップのレジでの処理の仕方を知らない人が多いように感じていて。

どの店舗も、店員さんの入れ替わりがなかなか激しいし

処理を忘れている、のではなくて、単に知らないか忘れているっぽい。

だから、知っている人に聞いて教えてもらうことになることが多くて、時間がかかってしまうのです。

それで、あ、分からないなら大丈夫ですよ、って言うことになるのがオチでした。

まぁそもそも、10セント引きがしてほしくてリユーサブルカップを使っているわけでもないし。


ところが。

このアースデイのおかげで、よく行くお店の10セント引きをしてくれなかった人たちも、ちゃんと出来るようになってました!

他にも何店舗か行ったけれど、どこでも、何も言わなくても勝手にちゃんとやってくれます。

やってもらえるなら、それはうれしいと思って

アースデイのおかげです。


10セント引きや25スター制度も、いつまで続くか分かりません。

でも、この制度のあるなしにかかわらず、リユーサブルカップをまだまだ使うつもりでいます。

せっかくなら、この制度が少しでも長く続いてくれたらいいな


☆クリックしてくださった方、フォローしてくださった方、どうもありがとうございます。とても励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

キラリなひびを - にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加


スポンサーリンク



コメントを投稿

0 コメント