「もう年だからあれもこれもできない」そんな私を変えたきっかけとは?「現在が一番若い」と思うようになった体験談


「もう年だからあれもこれもできない」という閉塞感から「今が一番若い」という思いへのイメージ画像


もう年だし、こんなことはもうやめた方がいいかな

今さら新しいことは出来ないな




私は、年を重ねるにつれて、こんなふうに、もう年だからあれもこれもできない、という閉塞感を感じるようになりました。

ですが、今では、

いや、今がいちばん若い

と思っていて、それが心地いいです。

この記事では

  • もうこんな歳だから、と思っていた頃のこと
  • そんな思考を変えてくれた人たち
  • 人生の転機も訪れた
  • オススメの思考「今が一番若い」


について書いています。


 



「もう年だからあれもこれも出来ない」という思考に陥っていたときの私の状態とは?


もう今さら何もできないと思っていた頃のイメージ画像


若かりし頃は、少しくらいはみ出した道を選んでも、

これが私の選んだ道だから

と思えたものでした。

人生、一年くらい立ち止まっても大丈夫だろう

そう思って、決まっていた大学院進学の道をやめて、フリーターを一年間したこともあります。

友人たちには、よく出来るねと言われたものです。

浪人だって一年したし、はみ出すのはそうこわくなかった。

そんな私でしたが、年を重ねると「あれもこれももう出来ない」という思考に陥いるようになりました。

どんなことで、

もう今さらこんなことなんて

と思ったかというと。

  1. 今さらアメリカへ行くなんて
  2. この服はやめた方がいいかな、見た目なんてもう気にしなくてもいいかな
  3. 今さら何かをはじめるのは、もうムリと思う

こんなことでした。



① 今さらアメリカへ行くなんて


30代前半だった頃のお話です。

社会人として何年か過ごした頃。今は亡き友人に、唐突に、

アメリカへまだ行きたいと思ってる?

と聞かれました。

とっさに出てきた言葉は、

うん

その言葉に、自分自身もびっくりしました。

え、行きたいと思っているんだ

正直、その頃の生活は、悪くはなかったのです。勤め先が外資系ということもあって、それなりのお給料がもらえていました。

仕事的には、もう先は見えてきているかな、と少し感じるようになっていましたが、安定した生活というのは何にも代えがたいものでした。


せっかく親にも安心してもらえるようになったのに、また自由な自分に戻って心配をかけるのか。

もう30歳も過ぎたというのに、私は何を考えているのだろう

そう思うと、アメリカへ行きたいと答えた自分にびっくりしたものの、日々の忙しさにかまけて、自分に問うのをやめました。


② この服はやめた方がいいかな、見た目なんてもう気にしなくてもいいかな


服を選ぶのって楽しいんだ、からの…

いろんな服を着てみるのって楽しいなー

と思うようになったのは、私はとても遅くて、学生時代が終わる頃でした。

私服の期間は長かったんですが、自分ではどういう服が似合うのか、好きなのか、ずっとよく分からなかったのです。

言い訳になるかどうか、学生時代は女子があまりいない環境。まわりから服装の刺激を受ける、ということもなくて。

ところがあるとき、とあるお店に買いに行くようになってから、服を選ぶのがどんどん楽しくなりました。

自分では選ばなさそうな服をオススメされて、試着してみたら意外とよかったりして。

そのうち、そのお店ではなくても、オススメを教えてもらわなくても、自分で選ぶのも楽しい、と思うようになりました。


とはいえ、社会人になって自由に使えるお金が増えてからも、がっつり服装にお金をかけるというよりは、飲み代に使いたいタイプ。

なので、流行りの服を、ワンシーズン着るために安めのお店で買ったり。そんな程度ですが、少しは気にするようにしていました。


こんな歳にもなって、と言われたお話

ところが。

たしか30歳になる頃、親から、

こんな歳にもなって

 こんなスカート、恥ずかしいからやめなさい!

と言われる事件が起こります。

えーわたしはかわいくて好きだと思ったんだけど

そのとき着ていたのは、裾にちょっとヒラヒラが付いている、グレーのニットスカート。大人しめのヒラヒラとか、大人しいピンクとか、それくらいならまだ許されるかなって思っていた頃でした。

そうか、こればダメなのか。。

仕方がないので、幸い取り外しのできるタイプだったヒラヒラは、取ることにしました。

そのとき思い出したのは、予備校にいた、ピンクハウスの服を着ている先生。

当時の先生がおいくつだったか分かりませんが、私は気になりませんでした。すごく好きそうだし、似合っているし、いいんじゃないかなって。

でも、世間からすると、気になることだというのは理解していました。

きっと、そういうことね

と悟ったわたし。

そしていつしか、

このデザインは私には若いかな、この色はやめておいた方がいいかな

などと、以前にも増して気にするようになりました。


むしろ見た目なんてもういいかも

そして、30代後半。アメリカで何年か暮らしているうちに

こちらには、本当にいろいろな服装をしている人がいます。きっと流行とかもあるんだろうけれど、それとは関係ない世界で生きている人の方が、むしろ私には目に付く生活。

ということもあって。

いやー、びっくりするくらい、まわりの目どころか、服装そのものをあまり気にしなくなってしまいました。

気にしなさすぎて、日本へ一時帰国するときには、あれ?これではひどすぎるかな?と。慌てて服を買いに行ったこともありました。



③ 今さら何かをはじめるのは、もうムリと思う


そしてアラフォーになり、

もうこんな歳だし

と思ったことがあと一つ。

キャリアの問題です。

アメリカへきて、生活環境がずいぶん変わりました。過去の自分を振り返る時間を持つことができ、それを踏まえて、今後の生活について考えるようになりました。

その過程で、私は、キャリア・仕事に関する考え方が変わってきました。単純に、日本でしていたような仕事をこちらで探すのは、今となっては違うかもしれない。

だからといって、アラフォーにもなって、キャリアを一から始めるのか…

どうしても踏ん切りがつきませんでした。



「もう年だからあれもこれもできない」という閉塞感があった私を変えてくれたきっかけとは?



もう年だからと何もできないと思っていた私を変えてくれたお年寄りのイメージ画像


そんなわけで、これまでのところ、自分の人生について、服装について、キャリアについて、

「もう年だからあれもこれもできない」と思っていた頃のお話を、書いてきました。

アラフォーになった今では、こういう閉塞感を感じていません。

どうして思考が変わったのか、というと…

お年寄りの言葉や存在がとても大きかったです。

私が影響を与えてもらったと思っている人は、次の3人です。

・自分の祖母

・外国人のおばあちゃん

・お会いしたことはない日本人の方

ここからは、そんな方たちのエピソードについてご紹介していこうと思います。


①私の人生を変えた91歳の祖母の言葉とは?


この話をするのに、祖母のことは欠かせません。

祖母とは、社会人になってからの方が、いろいろと話すようになりました。なんてことはない話をすることの方が、圧倒的に多かった、と記憶しています。

そんな祖母は、私が30代の頃に亡くなりました。自分はアメリカに行きたいのかもしれない、という気持ちを完全に封印していた頃です。

祖母が亡くなったとき、人は亡くなるのだという事実を改めて実感しました。

そして、70代の人のことを

私からしたら若い若い

って笑って話していたのを思い出したのです。

私にも、

まだまだ若い、なんでもできるよ

と節目に言ってくれたことも。

3◯歳、今ならまだアメリカへ行けるのではないか。遅いのは確かだけれど、さらに5年後に行くよりは、今の方が早い。

そんな気持ちがじわじわ湧いてきました。

実際に決断するには数ヶ月かかりましたが、決断する際には、とても大きな力をもらいました。

もう30代だし、ってずっと感じていましたが、

90歳の人から見たら、30代なんて、きっとめちゃめちゃ若い

そう思って。

決断してからは、早かったです。祖母が亡くなってから、半年後くらいには渡米しました。背中を押してくれたのかなと思っています。


②97歳外国人おばあちゃんのファッションから得た気づきとは?


本当に97歳?

もうこんな年だから、と、服装のことについても書きましたが。これについて考えを変えてくれたのは、アパートの同じフロアに住む、白人のおばあちゃんです。なんと今年97歳らしいです。

私は、もうそんなにお年なんて、

本当かあやしいなぁ

と半信半疑でした。いつもしっかりしてらっしゃるし。

ところが、彼女が今年、ケガをして少し入院したときに、必要なものを病院に届けた別の住人が、「彼女97歳だって、信じられない!」と夫にテキストしてきたので、本当なのかなぁと思って。

話は逸れますが、アメリカでは歳の話はしない、と聞いてアメリカへ来たのに、

意外とするときもあるんだなぁ

と思います。私自身の経験では、それなりに親しくなってくると、聞かれることもある感覚です。


信じられない理由

話は戻って、97歳なのが信じられない理由はいろいろありますが、、何より、彼女は本当におしゃれなのです。高いものかどうか、私にはそういう見る目はないので分かりませんが、いつ会っても、とてもキレイな格好をしています。

あ、キレイという表現があっているかどうか。別にパーティーに行くような格好をしているわけではありません。ジージャンを羽織っているのを見かけた日もありました。それも、とても似合っていました。

ジージャンに限らず、いつも、何を着ていても似合っているように見えます。お化粧もいつもきちんとされていて、でも、決して派手ではなくて。

彼女は美人さんなので、何を着ても似合うというのもあると思いますが。それを横に置いても、彼女の自分らしさ、があるのかもしれません。


若さの秘訣と素敵なところ

ここに引っ越してきて、彼女と話すようになってから、

自分で、自分に、歳だからという制限を設けなくてもいいんじゃないかな

いつになっても、こうしてオシャレを楽しむって素敵だなぁ

と思うようになりました。

それに、今日は何を着ようかな、って毎日楽しく考えるのも、彼女の若さの秘訣なのかもしれないなと思って。

そういえば、昨日、家の前で話しかけられた知らない白人のおばあさんも、ふと爪を見ると、かわいい落ち着いたピンク色のマニキュアをしていました。

どうしても、人の目って気になってしまいますが、そんな人もいるんだな、と心に留めておこうと思います。

子育て中は、子どものことが第一になりがち。服だって、

自分の服より子どもの服を選ぶ方が楽しい

と思うようになりました。でも、そんなことを言わないで、いくつになっても、少しくらい自分のことも構っていきたいものです。

余談になりますが、同じフロアのおばあちゃん。きっと覚えにくいであろう日本人の私の名前を、どうにか覚えようと頑張ってくれて。そのがんばりが、

幾つになってもすごいなー

と思っていました。

何かの際にカードをお渡しした後は、カードを見て名前を覚えてくれたのでしょう。それからはいつもちゃんと呼んでくれるようになりました。

もう歳だからムリだわ、とか思わないんですね、きっと。気持ちが若くて素敵です。そんな姿も尊敬しています。


③『100歳だからこそ、伝えたいこと―健康と生き方の秘訣を語る』の著者が教えてくれたこと


100歳の方の言葉たち

そして、仕事について。

自分にできることは何もない、今さら何が出来るというのだろうか

と、どん底の思考に陥っていた頃。

100歳だからこそ、伝えたいこと―健康と生き方の秘訣を語る』という本を読みました。以前、杉山愛さんがこんな呼吸法をしている、という記事でオススメされていた本です。(例えばこの記事でも書かれています)

長い間世界で戦われて、その頃も今も笑顔が素敵な人という印象の杉山愛さん。

そんな方がしていた呼吸法ってどんななんだろう

という興味があって。

それで、呼吸法について知りたくて読み始めたのですが、そのときの私にはむしろ、こんな言葉たちが強く印象に残りました。


若い人(五十代、六十代も、わたしにとっては子どもどころか孫に近い年齢なのです)


30代、という壁を乗り越えたつもりだったけれど、アラフォーの壁をまた感じてしまっていた私。 

100歳の人からみたら、60代の人だって孫のように若いんだったら、

私なんてもっと若い!

この本を読んで、またそう思うことが出来ました。


一瞬の百年でもあれば、永遠のような百年でもありました。

 

百年も一瞬のようだといいました。しかし、その一瞬一瞬こそが大切なのです。

 

「いま」を確実に積み重ねて一日とし、一年とし、百年としていく。そういうふうに生きていく他に人間にはすべがない。

 

一瞬のような長いような人生。

確かに、アラフォーの今、なかなか手が出せないことってたくさんあるように思います。だけど、

たとえ新たなことでも、自分にできることはあるかもしれない

今からでも、自分なりに何かを積み重ねていけばいいかな

年配の人の言葉って、何より、やっぱり重みが違います。年配の方が人生について語ってくれる機会が、もうあまりないので、こうして本という形で読めるのはありがたいと思いました。


本のこと

ちなみにですが、

  • 肝心の呼吸法
  • この著者による丹田の位置の解釈
  • 著者の前向きな言葉たち

も、とても参考になりました。


老眼の進行もきわめて遅く、普通の本なら、今でもメガネなしで読めます。

こんな驚きの情報まで。


若干クセのある方だったのかもしれない、という気持ちもなくはないですが、それを越えるありがたい言葉がたくさん書かれている本でした。

それに、先ほど書いた、同じフロアの白人おばあちゃんにも共通すると思ったのが、気持ちの大事さ。きっと、二人とも気持ちがとても若い。そんなところも見習いたいものです。


「現在が一番若い!」行動してみてよかった、と思うこと



今が一番若い、と行動してよかったことのイメージ画像

いろいろと書いてきましたが、

もう年、ということもないんだ

今が一番若いんだから

そう思って行動してよかった、と思うことは、と聞かれたら。

今のところは、思い切って渡米したこと、が答えです。

人生の転機だったと思っています。

そのうち、思い切って新たなキャリアを始めたこと、と言えるようにもなりたい

もう年だから、とあきらめていたら、今の私はありませんでした。あの頃は、30半ばくらい。今となっては、若かったと思えます。

だから、やっぱり、今が一番若い

渡米しなかったら悩まなくてよかったことも、あるとは思います。言葉の壁も感じるし、国や文化の違いを考える機会も増えたし、こんな状況でなかなか日本に帰国できないし。

だけど、それ以上に、やっぱり行動してよかった。渡米してやりたかったことは結局出来ませんでしたが、生涯、思い切って渡米していたらどうなっていたかな、と思うよりは、私にはよかったんじゃないかな。よくよく考えたら勤めていた会社は外資系だったこともあって、あの安定がいつまで続いていたか分からないですしね。

それに、結果論になりますが、一緒に生きていきたいと思う人にもアメリカへ来て出会いました。そして、思いもよらなかった人生を過ごしています。これも悪くないなって思うのです。


あなたの閉塞感を取り除くときに試してもらいたい方法



あなたの閉塞感を取り除くときに試してもらいたい方法のイメージ画像


そんなわけで。

もう歳だし、あれもできない、これもできない

と思ったときには、

年配の方からの視線を、自分に対して持ってみる

ことを、ぜひオススメしたいです。

年配の方が身近にいないと、どうしてもこういう視線を忘れてしまいませんか?私はそうでした。

だけど、逆に考えてみると。例えば自分がアラフォーだったら?大学生の人を見れば、

まだまだ何でも出来るよ!

って思ったりしないでしょうか。

生まれたての子どもを見たら、

この子には可能性しかない

って思うのではないでしょうか。

そうやって、人に対して思えることを、自分にも当てはめると、想像しやすいように思います。

何か考え事をするときや決断をするときには、

  • 祖父母から見たら
  • 『100歳だからこそ、伝えたいこと―健康と生き方の秘訣を語る』の作者の方から見たら
  • 例えば90歳になった自分から見たら

自分のことをそんな視点から見る。というのをぜひ試してみてください。


まとめ


もう歳だからと思うのはもったいない、イメージ画像



もう年だから



あれも出来ないこれも出来ない



そんな閉塞感を感じていても。人生、どうなるかなんて分かりません。

もう年だからという理由だけで、何かをすることを最初からあきらめてしまうのは、もったいない

と、自分の経験から思うようになりました。

もちろん、節度や、自分で決めたんだという責任も、必要だとは思いますけれど。

違う視線から自分を見ることによって、人生の何かが変わった人が、少なくともここに一人。

同じようなことを、こんなふうにつぶやいている人も。



年齢を気にしすぎず、

今が一番若いんだ!

私自身は、そう思うことで、より心地よく日々が送れるようになりました。

一度きりの人生。いくつになっても、最初からあきらめないで、何か方法はないだろうかと考える。

考えなくても人生だけど。考えるのも、それもそれで人生ではないかな、と。

閉塞感に陥っても、思考を変えて。

小さなことでも何かを変えていくことによって、日々が、人生が、変わっていくと信じています。


ご紹介した本

書籍名:100歳だからこそ、伝えたいことー健康と生き方の秘訣を語る

著者名:塩谷 信男

出版社:サンマーク出版

* 本文中の ” ” で囲ってある部分は、この本からの引用です*


☆クリックしてくださった方、フォローしてくださった方、どうもありがとうございます。とても励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ

キラリなひびを - にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントを投稿

0 コメント