1-1-22. エレノアの言い分とシンシナティ|海外ドラマで英語学習

1-1-22. エレノアの言い分とシンシナティ|海外ドラマで英語学習

前回、エレノアは、今起こっている変なことは自分のせいだ、と言われます。

今回は、それに対して反論を試みるエレノア。だけどやっぱり自分のせいなのかも?

そんなお話です。

前回1-1-21 はこちらです。



スポンサーリンク


1-1-22. スクリプトと訳

第1シーズン

第1話『Everything is fine』だいたい21〜22分のところ 

Eleanor: Oh, hang on. Not everybody here is perfect, okay? Tahani is totally condescending. And there are a couple of, you know, chunksters.

ちょっと待ってよー。ここにいるみんなが完璧なわけじゃないでしょ、分かる?タハニは完全に人を見下してるし(*1-1-17参照)。それに、ほら分かるでしょ、ぽっちゃりした人たちもちょっといるじゃん(*1, *2 )。

Chidi: Oh, come on!

おー、勘弁してよ!

Eleanor: No judgment. I’m just saying I’m not the only one with flaws. So how can we be sure this is my fault?

批判しないでよ。私はただ、欠点があるのは私だけじゃない、って言ってるの。それで、これは私のせいだってどうしたら確信を持てるの?

Chidi: You hogged all the shrimp, and now there are shrimp flying around. You called Tahani a giraffe, and now there are giraffes everywhere.

君はエビを独り占めしようとしたでしょ、で、今エビが空を飛んでる(*3 )。君はタハニをキリンと呼んで、今、いたる所にキリンがいる(*1-1-21参照)。

Eleanor: Okay, fine, turns out there are many ways to know that it was me.

分かった、いいよ、結局、私が原因だってことが分かる、たくさんの状況があるってことね。

Chidi: Let’s just face it, Eleanor, you don’t belong here.

エレノア、ちゃんと現実を見て。君はここの一員じゃないんだ。

Eleanor: Well, then this system sucks. What, one in a million gets to live in paradise and everyone else is tortured for eternity? Come on. I mean, I wasn’t freaking Gandhi, but I was okay. I was a medium person. I should get to spend eternity in a medium place! Like Cincinnati. Everyone who wasn’t perfect but wasn’t terrible should get to spend eternity in Cincinnati. 

えっと、じゃあ、このシステムが最低なんじゃない。なに?、100万人に1人がパラダイスに住むことができて、他のみんなは永遠に拷問されるの?ちょっと待ってよ、だって、私はクソったれガンディーではなかったけど、悪くもなかったよ。私は中間の (ミディアムな) 人間だったよ。私は、ミディアムプレイスで永遠に過ごすべきだわ。シンシナティみたいな。完璧じゃないけど、ひどくもない人はみんな、シンシナティで永遠の時間を過ごすべきよ。

Chidi: Look, apparently it doesn’t work that way. I’m sorry, Eleanor, but there’s nothing anyone can do. 

だけど明らかに、そんなふうには機能していないよね。悪いけど、エレノア、誰もどうすることもできないんだ。

[credit: NBC] 


スポンサーリンク


1-1-22. 日本語訳についての補足など

1. a couple of の意味

collins より

more than two, but not many, of; a small number of; a few

”2以上、でも多くない、小さな数の、いくつかの”

例文です。

It will take a couple of days for the package to get there.

”荷物がそこへ着くのに2,3日かかるでしょう”


2. chunksters - sterという接尾詞

chunksters というのは、thegoodplace.fandom.com より

people who are heavier

”ぽっちゃりした人のこと”


実は、「chunksters」という言葉は、いつも調べているような辞書には出てきませんでした。

そこで、もう少し調べてみました。

すると、-sterという suffix/ 接尾辞があるとのこと。

a suffix used in forming nouns, often derogatory, referring especially to occupation, habit, or association

”しばしば軽蔑的で、特に職業や習慣、組織に言及する、名詞を形づくる接尾辞 (suffix)”


Cambridge Dictionary では、

a person who is associated with something

”何かに関連する人”

と書かれていました。


chuck は、DICTIONRY.COMより、

a thick mass or lump of anything

”何かの厚い塊”

Informal. a thick-set and strong person

”口語。ずんぐりして頑丈な人”


chunky という単語は、Merriam-Webster より

PLUMP, CHUBBY

”太り気味の、ぽっちゃりした”


そんなわけで、chunk + ster で、ぽっちゃりした人たち。

ということでしょうか。


3. つづり字「y」の読み方について

今回出てきた、flyの 「y」の発音 [aɪ] 。

二重母音の発音は、 1-1-16 で出てきた [eɪ] でも書いたように、いつもの発音の本『[新装版]脱・日本語なまり―英語(+α)実践音声学』によると、

前半部分が比較的長く、その後、徐々に開口度が狭まり、滑らかに [ɪ] に接近しますが、必ずしも最終的に [ɪ] に到達するとは限りません 


[aɪ] の [a] は、下の表で言うと、左下の、赤い点線で囲ったところにあります。

英語の母音の種類ー [a] は左下

同じく、『[新装版]脱・日本語なまり―英語(+α)実践音声学』より、

[a] は

 口を縦にも横にも

 [ɑ] は

口を縦に

それぞれ大きく広げるつもりで言うとうまくいくようです

とのこと。

また、[a]は、

「イ」の前舌性を保つようにしてください

とも書かれています。


つづり字「y」で [aɪ] と発音する単語、他にはこんなものがあります。

cry, rye, style, why


今は、「こんな音があるんだ」くらいで流して勉強しているので、ちょっと分かりにくい記事になっているかもしれません。

近いうちに、発音の学習について、ちゃんと系統立てて整頓しよう、と思っています。

そんなことを、分かりやすく記事にしていきたいです。


4. 動詞としての hog

名詞では、(大きな) 豚の意味ですが、ここでは動詞で使われています。

Cambridge Dictionary より、

to take or use more than your share of something

”何かを、自分のシェア以上に取ったり使ったりする”

collins より、

If you hog something, you take all of it in a greedy or impolite way. [informal]

”もしあなたが何かをhog するならば、欲張って、あるいは失礼なくらい、全部を取る [口語]”


スポンサーリンク


シンシナティと日本からの荷物

エレノアのセリフに出てくる「シンシナティ」は、オハイオ州にある都市のことを言っているのかな、と思います。

オハイオ州シンシナティの場所は?ーアメリカの地図

ミディアムプレイスとして名前を挙げているくらいなので、

  • 飛び抜けて良くもないけれど
  • すごく悪いところでもない

という場所なのでしょうか。

日本でいうならどこになるのかな…


ウィキペディアのシンシナティのページによると、シンシナティ・ノーザンケンタッキー国際空港は、

航空貨物のアマゾン・エアの中枢機能が立地している。加えて、同空港はDHLが世界でわずか3港だけ置いている「スーパーハブ」のうちの1港であり[52]、旅客のみならず物流においても、重要度の高い空港となっている

のだそうです。


そういえば、日本からの荷物を追跡していると、今シンシナティにいる、という表示が出てくることがあるような。

こういう理由だったのですね。


スポンサーリンク


まとめと一言

シンシナティという言葉が出て来たときに、「あーなるほどね」と思えなくて。

アメリカのことをまだまだ分かっていないな、と感じました。

子どもが生まれる前は、アメリカ国内も少し旅行しましたけれど、行っていない場所がほとんど。

もう少し大きくなったら、いろんな場所へ行けるかな。

あ、実際に行かなくても、知識を増やす努力はしていきたいものです。


さて、こうして続けてきた、海外ドラマ「グッドプレイス」で1分間の英語学習。

第1シーズンの1話も、あと一回になりました!

読んでくださっている方、どうもありがとうございます

がんばって継続したいと思います。

続きはこちらです。


☆クリックしてくださった方、フォローしてくださった方、どうもありがとうございます。とても励みになります。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

キラリなひびを - にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



コメントを投稿

0 コメント